父子鷹  下

子母沢 寛【著】

長男麟太郎が将軍家慶の子・春之丞のお対手役に選ばれて、勝家にも春が巡ってきたかに見えたが、その麟太郎は春之丞の死でお宿下がりの上に、犬に睾丸をかまれて瀕死の重傷。しかしそんな不幸にめげる小吉ではない。町人たちからも「親分」と慕われるほどの気っ風の良さを発揮、地借りしている岡野家が借金苦にあえいでいると知るや、ご法度を犯す覚悟で大芝居を…。波瀾万丈、痛快無比の幕末親子物語。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 父子鷹
著作者等 子母沢 寛
書名ヨミ オヤコダカ : ゲ
シリーズ名 徳間文庫
巻冊次
出版元 徳間書店
刊行年月 1987.7.15
ページ数 478p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 419598324X
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想