女性優位と男系原理 : 沖縄の民俗社会構造

比嘉 政夫【著】

民俗社会の組織原理を探る。沖縄の民俗事象の特質を社会人類学の視点で捉えた問題提起あふれた好論文。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 沖縄社会の民俗的特質(沖縄社会と「やさしさ」の構造
  • 琉球民俗社会の構造と変容
  • 離婚をめぐって
  • 沖縄の村落における呪術・宗教的世界-沖縄本島南部の事例を中心に
  • 民間巫者と社会構造-八重山の事例から
  • 崩壊する民俗社会
  • 沖縄の冠婚葬祭)
  • 2 沖縄研究の軌跡(孤高なるエトランジェ-加藤三吾論
  • 今日の沖縄民俗学と佐喜真興英
  • 外国人による沖縄村落研究-社会人類学の視点から)
  • 3 読書ノート-沖縄民俗社会研究書の解説

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 女性優位と男系原理 : 沖縄の民俗社会構造
著作者等 比嘉 政夫
書名ヨミ ジヨセイユウイトダンケイゲンリ : オキナワノミンゾクシヤカイコウゾウ
シリーズ名 シバシン文庫 4
出版元 凱風社
刊行年月 1987.6.25
ページ数 250p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想