登校拒否・性非行

青木 孝頼【編】

本書に収録した数多くの実践は、教師と子どもの互いの努力を、教師の側から描いた貴重な記録である。この中には、学級担任のみならず、学校全体が一人ひとりの子どもについて温かい人間関係をつくりあげる努力を重ね、家庭や地域、関係の機関との連携を図りながら、困難な問題に取り組んでいかれた様子が克明に記されている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 登校拒否・怠学(母親への信頼が挫折し、登校拒否をおこした生徒
  • 担任嫌いから登校拒否をおこした生徒)
  • 2 家出・外泊(友人宅への外泊から転落していく女生徒
  • 両親の離婚で家出した生徒)
  • 3 性非行(同級生の女子を乱暴した4人の生徒
  • 学級担任の行う性の指導)ほか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 登校拒否・性非行
著作者等 青木 孝頼
書名ヨミ トウコウキヨヒセイヒコウ
シリーズ名 中学校生徒指導実践双書 2
出版元 第一法規出版
刊行年月 1987.6.30
ページ数 176p
大きさ 21cm(A5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想