日本の波力発電 : 波に憑かれて四十余年

益田 善雄【著】

地球の3分の2を占める海洋に、クリーンなエネルギーを求めて、世界のトップを走る日本の波力発電。本書は、その航跡を振り返り未来への期待と願望をこめて綴る波に憑かれた男の40余年の不撓不屈の記録である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 波のエネルギー
  • 波力発電研究の歴史
  • 終戦、海南島で波力発電を志す
  • 古賀海岸での初の波力発電の成功
  • 防衛庁技術研究本部、波力発電の研究を採用
  • 新技術開発事業団の波力ブイプロジェクト成功す
  • 離島用波力発電の構想・大阪万国博政府館に出展さる
  • 国際エネルギー機関IEAプロジェクトとなる
  • 波力利用の将来〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の波力発電 : 波に憑かれて四十余年
著作者等 益田 善雄
書名ヨミ ニホンノハリヨクハツデン : ナミニツカレテヨンジユウヨネン
出版元 霞出版社
刊行年月 1987.6.25
ページ数 184p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 487602202X
NCID BN01513742
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想