大航海  下

伴野 朗【著】

永楽帝の命を受け、29年間に7次にわたり、南洋からインド洋、はるかアラビア半島、さらにアフリカ東岸にまで押し渡った明の大提督・鄭和。だが、大航海時代の先駆者である鄭和とその業績を記す文献は驚くほど少ない。なぜか?そして、この大航海の目的は何だったのか?壮大な歴史のミステリーと冒険のドラマの中で、奇跡の大航海者・鄭和の波潤の生涯を描く伴野朗の代表長編小説。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大航海
著作者等 伴野 朗
書名ヨミ ダイコウカイ : ゲ
シリーズ名 集英社文庫
巻冊次
出版元 集英社
刊行年月 1987.6.25
ページ数 374p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 408749229X
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想