横田健一先生古稀記念 : 日本書紀研究  第15冊 政治・制度篇

横田健一先生古稀記念会【編】

[目次]

  • 近江と古代国家-近江の開発をめぐって(大律透)
  • 「天皇」号の始用時期をめぐって(大和岩雄)
  • 上宮王家と中大兄皇子(亀井輝一郎)
  • 播磨国の石宝殿と石作氏(北垣聡一郎)
  • 律令軍団制の成立過程と陣法(胡口靖夫)
  • 家形埴輪考-美園古墳出土例をめぐって(辰巳和弘)
  • 〓野皇女と吉野の盟約(寺西貞弘)
  • 平城宮諸門の一考察-中壬生門を中心に(直木孝次郎)
  • 皇位簒奪伝承の分析-古代王権論へのアプローチとして(楢崎干城)
  • 古代親等制小考-唐、袒免親の継受をめぐって(成清弘和)
  • 『出雲国風土記』島根郡家の比定-通道の"復元"と納佐説の再検討を通して(服部旦)
  • 欽明朝における倭と百済との関係についての一考察(日野昭)
  • 中臣氏系譜について(松倉文比古)
  • 古代出雲の杵築と意宇(八木充)
  • 三国史記に見える新羅の五廟制(米田雄介)
  • 横田健一先生略年譜・著述目録

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 横田健一先生古稀記念 : 日本書紀研究
著作者等 横田健一先生古稀記念会
書名ヨミ ヨコタケンイチセンセイコキキネン : ニホンシヨキケンキユウ : 15
巻冊次 第15冊 政治・制度篇
出版元 塙書房
刊行年月 1987.6.20
ページ数 350p
大きさ 21cm(A5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想