次郎物語  下

下村 湖人【著】

朝倉先生留任運動の責任を一身に背負った形で郷里の中学を退学した次郎は、先生の後を追って上京した。軍部台頭の世相の下で、自由主義的な青年塾を開いた朝倉先生の助手をつとめながら、次郎は自己を見つめなおそうとする。が、兄の婚約者・道江への断ち切れぬ想い、そして、2・26事件の勃発と、迷いは深まる一方だった。一人の青年の精神的成長を描く大河小説の最終巻。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 次郎物語
著作者等 下村 湖人
書名ヨミ ジロウモノガタリ : ゲ
シリーズ名 新潮文庫
巻冊次
出版元 新潮社
刊行年月 1987.5.30
ページ数 355p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 410110509X
NCID BN05823785
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想