パノラマ島奇談

江戸川 乱歩【著】

M県のI湾に浮かぶ沖の島に突如として出現したものはなんであったか?富豪菰田源三郎と瓜二つの小説家人見広介は、源三郎が死んだのを幸いに源三郎になりすまし、菰田家の莫大な財産をもって、おのが空想した夢のパノラマ島をつくりあげた。パノラマ島で展開される妖美な幻覚ともいえるあやしの怪奇譚は、読者を夢幻の世界へとさそいこんでゆく-。広介の正体をみやぶったものはだれ?初期の傑作「パノラマ島奇談」をはじめとする5編を収め、乱歩の鬼才ぶりを十分にうかがわせる傑作集!

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 パノラマ島奇談
著作者等 江戸川 乱歩
書名ヨミ パノラマトウキダン
シリーズ名 江戸川乱歩文庫
出版元 春陽堂書店
刊行年月 1987.6.5
版表示 〔新装版〕
ページ数 221p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4394301025
NCID BN14440823
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想