日本電信電話公社社史 : 経営形態変更までの八年の歩み

日本電信電話社史編集委員会【編】

わが国の電気通信事業は、昭和60年4月、歴史的な改革を遂げ電電公社はNTTに生まれ変った。本書は電気通信サービスの提供、研究開発の推進、事業運営の活性化、電気通信制度改革の背景・経緯、株式会社への移行過程等、NTTの原点を浮き彫りにする資料。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1編 高度情報社会に向けての電気通信サービスの提供(中・長期計画の推移
  • 建設投資と資金調達の推移
  • 料金制度の改定
  • サービスの高度化・多様化
  • INSの形成
  • 研究開発の推進)
  • 第2編 事業運営の活性化(健全な財務基盤の確立
  • 意識改革の推進
  • 建設工事の改善
  • サービス提供業務の改善 ほか)
  • 第3編 電気通信制度の改革と新会社の発足(電気通信制度改革の背景
  • 電気通信制度改革への対応
  • 電気通信制度改革三法の制定
  • 新会社への移行業務の推進
  • 新会社の誕生と課題)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本電信電話公社社史 : 経営形態変更までの八年の歩み
著作者等 日本電信電話社史編集委員会
書名ヨミ ニホンデンシンデンワコウシヤシヤシ : ケイエイケイタイヘンコウマデノハチネンノアユミ
出版元 情報通信総合研究所
刊行年月 1987.3.20
ページ数 860p
大きさ 26cm(B5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想