農民教育論

山田 定市;千野 陽一;藤岡 貞彦;島田 修一【編】

[目次]

  • 第1章 農業・農村の構造変化と農民教育(農民教育・学習の基礎構造
  • 農業生産力の発展と農民の学習
  • 農民家族の家事労働と学習課題
  • 農村生活の変化と生活主体の形成
  • 農業経営の展開と農民の学習課題
  • 出稼ぎ農民の労働・生活と学習
  • 地域農業の発展と農民教育の課題)
  • 第2章 学校教育・後継者教育と農民教育(千葉県農業大学校の教育)
  • 第3章 労働学習運動の課題と展望(信濃生産大学から20年
  • 宮城農民大学の10年
  • 秋田農問研と農民大学
  • 庄内労農大学の転生
  • 80年代の労農学習運動)
  • 第4章 農村社会教育と住民自治
  • 第5章 農民学習運動の新段階(89年代農民大学運動
  • 農民大学運動の新段階)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 農民教育論
著作者等 千野 陽一
島田 修一
藤岡 貞彦
山田 定市
書名ヨミ ノウミンキヨウイクロン
出版元 あゆみ出版
刊行年月 1987.5.20
ページ数 282p
大きさ 21cm(A5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想