マルチ商法・悪業の実態

高山 俊之【著】

マルチ商法は、金儲けの甘言で大衆を惑わし独特の洗脳手段でネズミ算式に販売員を増やし様々な名目で多額の金銭を取ったうえで、高額のガラクタ商品を連鎖的に販売させては巨額の儲けを収奪する恐るべき悪徳組織である。警察や通産省の取り締りで一応は下火になるが、ほとぼりが冷めると「マルチ規制法」を巧妙に脱法し手を変え品を変えて復活する。被害やトラブルが続出する大きな社会問題の実態に鋭くメスを入れた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 マルチ商法の化けの皮を剥ぐ
  • 第2章 マルチ商法会社の系譜と人脈
  • 第3章 苦情や被害の実例からみるマルチ商法の手口
  • 第4章 マルチ商法に使われる商品の実体
  • 第5章 マルチ商法に関わって困っている人へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マルチ商法・悪業の実態
著作者等 高山 俊之
書名ヨミ マルチシヨウホウアクギヨウノジツタイ
出版元 青年書館
刊行年月 1987.6.15
ページ数 224p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 479180306X
NCID BN02893580
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想