国際労働基準とわが国の社会法

秋田 成就【編】

[目次]

  • 第1章 ILOによる国際労働基準の定立と国際的波及効果
  • 第2章 労働時間をめぐる国際労働基準とわが国の立法基準
  • 第3章 雇用保障立法と国際労働基準
  • 第4章職業リハビリテーションの国際労働基準とわが国における意義
  • 第5章 女性労働と国際労働基準
  • 第6章 安全衛生・労働環境に関する国際労働基準とその影響
  • 第7章労使関係と国際労働基準
  • 第8章 社会保障法と国際労働基準
  • 第9章 国際労働基準とわが国労使リーダーの態度-70回総会の討議と国内意見調査

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国際労働基準とわが国の社会法
著作者等 秋田 成就
書名ヨミ コクサイロウドウキジユントワガクニノシヤカイホウ
シリーズ名 法政大学現代法研究所叢書 8
出版元 日本評論社
刊行年月 1987.3.31
ページ数 390p
大きさ 21cm(A5)
NCID BN01141932
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想