切られお富  下

村上 元三【著】

浅草界隈が三社祭の賑わいで浮かれ立っている日、お富の弟竹次の法事がいとなまれた。矢大臣門長屋へ帰ったお富の前に正装した筒井多十郎が現われる。「あたしは顔に傷をつけられた娘ですから、お武家の奥様になれるわけはありません…」。失恋の痛手から立ち直ったお富が働きものの弥七と夫婦になってからも、お栄とその情夫宇女蔵の執念深い逆恨みがつづく。そして、流転の果てにお富がめぐりあう運命は…。江戸情諸をおりまぜながら、けなげな女の半生を感動的に描いた傑作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 切られお富
著作者等 村上 元三
書名ヨミ キラレオトミ : ゲ
シリーズ名 時代小説文庫
巻冊次
出版元 富士見書房
刊行年月 1987.5.30
ページ数 391p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4829111267
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想