指導法4 脳性マヒ

大野 清志;江草 安彦【編】

[目次]

  • 第1章 指導法における脳性マヒ児の見方・とらえ方(脳性マヒ児の不自由の考え方
  • 動作不自由の発生と発達における諸問題)
  • 第2章 課題の設定と指導法(日常動作の指導と課題の設定
  • 遊びの指導と課題の設定
  • 教科領域の指導と課題の設定
  • 「養護・訓練」の指導と課題の設定)
  • 第3章 行動変容における動作課題の解決とその意味(障害の研究と「からだ」
  • 動作訓練と行動の変容
  • 精神活動の活性化への働きかけ
  • 「からだ」の役割)
  • 第4章医学における治療と指導法への助言(医学的治療
  • 療育
  • 関係領域からの助言の取り入れ方)
  • 第5章 療育における学校の役割とその位置づけ(療育の意義
  • 療育における学校の役割)
  • 第6章 家庭における指導のあり方
  • 第7章 社会への参加(学校における指導態勢
  • 成人生活への移行)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 指導法4 脳性マヒ
著作者等 江草 安彦
大野 清志
書名ヨミ シドウホウ4ノウセイマヒ
シリーズ名 講座 発達障害 第6巻
出版元 日本文化科学社
刊行年月 1987.5.25
ページ数 224,6p
大きさ 21cm(A5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想