MS‐DOSユーザーのための日本語入力フロント・プロセッサ活用法

佐佐木 健【著】

本書は、日本語入力FEPについて、その変遷からアプリケーションへの組込み方、また主だった日本語入力FEPの機能紹介、利用法を中心に解説している。各ユーザが自分の日本語入力環境を整備するうえに役立つ情報が充分に得られるはずだ。また、周辺の話題として、MS‐DOS、外字作成に加え、RAMディスク、コマキの郵便番号辞書2,印刷革命の利用法についても併せて解説している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 日本語入力と日本語入力フロント・エンド・プロセッサ
  • 2 アプリケーションユーザのためのMS‐DOSの基礎知識
  • 3 日本語入力フロント・エンド・プロセッサいろいろ(VJE‐β
  • ATOK5
  • FIXER3
  • EGBridge
  • 松茸86
  • 外字の使用とアプリケーションとの相性)
  • 4 アプリケーションをよりよく活用するために(RAMディスク活用法
  • コマキの郵便番号辞書2
  • 縮小印字を行なうプリンタドライバ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 MS‐DOSユーザーのための日本語入力フロント・プロセッサ活用法
著作者等 佐佐木 健
書名ヨミ MS-DOSユ-ザ-ノタメノニホンゴニユウリヨクフロントプロセツサカツヨウホウ
出版元 HBJ出版局
刊行年月 1987.5.28
ページ数 261p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4833785153
NCID BN01193062
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想