雁塔聖教序(がんとうしょうぎょうじょ)

〓 雪曼【編】〔シャ セツマン〕

〓遂良は欧陽詢、虞世南と並ぶ初唐3大家の1人、中国の書学の発展の上に偉大なる足跡を示した。雁塔聖教序は彼の数多くの作品の中でも最高の傑作といわれるもので、宋時代の名書家・米〓が「戦馬を自在に馭するようだ」と評したように、その筆の機能を極限まで駆使したテクニックは、まさに前人未到の境地を切り開いたものであり、楷書に一格を創始した。本書ではこの彼の書法を体系的に分析し、先に出された同じ編者の九成宮とも対比して学べるよう意図し、基本点画、結構法、偏旁の書き方の3部から構成した。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 雁塔聖教序(がんとうしょうぎょうじょ)
著作者等 〓 雪曼
書名ヨミ ガントウシヨウギヨウジヨ
シリーズ名 書道技法講座 14
出版元 二玄社
刊行年月 1987.5.20
版表示 〔新装版〕
ページ数 96p
大きさ 31×23cm
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想