遥かなる死の匂い : 無頼先生犯罪カルテ  2

山村 正夫【著】

ひき逃げされた少女が、その手にしっかりと握りしめていた「東京交通事故扶助協会」の社名入りライター。意外にも暴力団のからんだ扶助協会の内幕とは…?(「タイヤの餌」)やくざ風の若い男から売りつけられたトランプ。その表側は妖しげなカラーのポルノ写真であった。しかも、そのモデルの男は顔見知りの現職刑事ではないか…?(「狼に罠を」)強姦罪でフィリピン刑務所を脱獄して日本に密航してきた男が、自分を裏切った女と社長に復讐した…と見えたが、その裏には巧みなカリクリがあった!(「遥かなる死の匂い」)柔道5段、空手4段の通称「無頼先生」こと、ご存じ西郷四郎外科医の犯罪カルテには、今日もまた新たな血なまぐさい事件が書き込まれていく。-全6話収録の痛快推理編!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • タイヤの餌
  • ハレンチな殺し屋
  • 狼に罠を
  • 夜がまた来る
  • 蝿が笑う
  • 遥かなる死の匂い

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 遥かなる死の匂い : 無頼先生犯罪カルテ
著作者等 山村 正夫
書名ヨミ ハルカナルシノニオイ : ブライセンセイハンザイカルテ : 2
シリーズ名 春陽文庫
巻冊次 2
出版元 春陽堂書店
刊行年月 1987.5.20
版表示 〔改訂版〕
ページ数 292p
大きさ 15cm(A6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想