離婚の本

この本は、日頃離婚事件を扱う事の多い弁護士と、崩壊された家庭の子どもたちの悲鳴を聞いている家庭裁判所の調査官とが集まって書いたものです。離婚の手続きはもちろん、そのメリット、デメリット、子どもの目から見たら大人たちの離婚はどう見えるか、子どもにどういう影響を与えるか等、沢山の事例を引きながら解説を加えています。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 離婚を考えたら
  • 離婚の方法と手続き
  • 裁判に必要な離婚原因
  • 慰謝料と財産分与
  • 子どもの養育
  • 離婚は子どもにどう影響するか
  • 離婚後の新しい人生Q&A
  • 関連機関電話番号一覧

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 離婚の本
書名ヨミ リコンノホン
出版元 婦人画報社
刊行年月 1987.6.15
ページ数 236p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想