地図から消された島 : 大久野島 毒ガス工場

武田 英子【著】

"ノーモア毒ガス"もうひとつの"ヒロシマ"の声。戦時中、瀬戸内海の小島が地図から消された。そこは陸軍の秘密島。毒ガス工場があった。消されていた毒ガス兵器の真相を、証言と調査によって掘り起し、はじめて世に問うドキュメント。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 軍都広島の要塞島
  • 2 毒ガス島のあゆみ(忠海兵器製造所開所
  • 台湾霧社事件に毒ガス使用か
  • 陸軍習志野学校の毒ガス教育)
  • 3 日本軍毒ガス作戦
  • 4 毒ガスから風船爆弾へ(アッツ島へ青酸兵器を運ぶ
  • 毒ガスの洋上投棄と処理作業)
  • 5 明日のいのちを求めて(免責されて毒ガス問題
  • 毒ガス傷害に取り組む医師たち)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地図から消された島 : 大久野島 毒ガス工場
著作者等 武田 英子
書名ヨミ チズカラケサレタシマ : オオクノシマドクガスコウジヨウ
出版元 ドメス出版
刊行年月 1987.5.11
ページ数 234p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想