裏街道片われ月 : 姫四郎流れ旅

笹沢 左保【著】

生きるも死ぬも流れのまま、昨日利根川に孤影を斬った、今日久慈川の女が燃える。右手に慈悲の数珠、左手に情無用の長脇差は抜けば川波を染めて血の雨が降る。悪と噂の姫四郎流れ旅、ここに凄絶の完結篇。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 利根川に孤影を斬った
  • 天竜川に椿が散った
  • 大井川を命が染めた
  • 久慈川に女が燃えた
  • 笛吹川に虹が消えた
  • 吾妻川に憎悪が流れた
  • 千曲川に怨霊を見た
  • 鬼怒川を冥土へ越えた

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 裏街道片われ月 : 姫四郎流れ旅
著作者等 笹沢 左保
書名ヨミ ウラカイドウカタワレズキ : ヒメシロウナガレタビ
出版元 光風社出版
刊行年月 1987.6.10
ページ数 365p
大きさ 18cm
ISBN 4875190743
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想