兵はどのようにして殺されるのか : ある無能兵士の軌跡  第2部

彦坂 諦【著】〔ヒコサカ タイ〕

無数の兵たちを飢えさせ死に追いやったメカニズムを追究する。顔も名もある1人の兵士を殺される側に選り分けるのは、この私たちが、各人の分ち持つささやかな権力を日常の仕事として行使することによってなのだ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • だれもが反対なのに戦争になってしまった…?
  • 兵はどのようにして殺される側によりわけられるのか
  • 「餓島」への道
  • もっとつっこんで考えるために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 兵はどのようにして殺されるのか : ある無能兵士の軌跡
著作者等 彦坂 諦
書名ヨミ ヘイハドノヨウニシテコロサレルノカ : アルムノウヘイシノキセキ : 2
シリーズ名 亜人間の文学 5
巻冊次 第2部
出版元 創樹社
罌粟書房
刊行年月 1987.5.1
ページ数 436p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想