アパルトヘイト白書 : 英連邦調査団報告

英連邦賢人調査団【著】;笹生 博夫【ほか訳】

「人類への犯罪」とまで呼ばれる南アフリカの人種隔離体制。その実態をつぶさに見聞したフレイザー元オーストラリア首相を議長とする英連邦調査団は、アパルトヘイトを廃絶するための国際社会の責任を問う。希少金属を求めて南アとの関係を強める日本社会への警世の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 アパルトヘイト-廃絶か改革か
  • 2 暴力の問題
  • 3 ネルソン・マンデラその他の政治犯の釈放
  • 4 政治的自由の確立
  • 5 交渉の展望
  • 6 調査団の提言
  • 7 南部アフリカ地域としての問題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アパルトヘイト白書 : 英連邦調査団報告
著作者等 笹生 博夫
英連邦賢人調査団
書名ヨミ アパルトヘイトハクシヨ : エイレンポウチヨウサダンホウコク
シリーズ名 PQブックス
出版元 現代企画室
刊行年月 1987.4.30
ページ数 277p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想