固相抽出法ハンドブック

加藤 肇【訳】

体内薬物のモニタリング、代謝物分析、河川、土壌等の環境汚染物質の抽出など、化学分析のあらゆるフィールドにおける化合物の分離と精製のためのアプローチ法を解説した、分析実務者必携の実用書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 化学結合型シリカゲルの一般的性質
  • 固相抽出のメカニズム
  • 固相と分離目的物質の相互作用
  • 固相の種類
  • 固相抽出の条件
  • 固相抽出法開発への序論
  • 抽出上の問題の明確化
  • 固相の選択
  • 固相の試験
  • 妨害物質保持のための固相の選択と試験法
  • 固相抽出の問題改善
  • 固相抽出の応用例

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 固相抽出法ハンドブック
著作者等 ブレビンズ デニス D.
加藤 肇
書名ヨミ コソウチユウシユツホウハンドブツク
出版元 ユニフレックス
刊行年月 1986.11.1
ページ数 122p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 0961609605
NCID BN07692892
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想