新薬の源泉 : ヘテロ環

ファルマシアレビュー編集委員会【編】

医薬の大部分をしめるヘテロ環化合物に関する総合的入門書。ヘテロ環医薬の発見の歴史、ヘテロ環個有の有機化学、そしてヘテロ環化合物のメディシナルケミストリーを興味深く解説。医薬をヘテロ環別に整理した付表もユニーク。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ヘテロ環と医薬品のかかわり
  • 2 医薬品にみるヘテロ環の化学
  • 3 医薬におけるヘテロ環の役割

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新薬の源泉 : ヘテロ環
著作者等 ファルマシアレビュー編集委員会
書名ヨミ シンヤクノゲンセン : ヘテロカン
シリーズ名 ファルマシアレビュー No.20
出版元 日本薬学会
刊行年月 1986.12.10
ページ数 164p
大きさ 26cm(B5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想