生物活性物質の単離

ファルマシアレビュー編集委員会【編】

天然物化学の領域に、脂質・糖質・ペプチド・タンパク質までを含めて、生物活性天然物質としての化学を従来にない広い視点から見直した。活性物質の単離のポイントやコツを縦軸に編む。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 生物活性物質の単離、その序章
  • 1 活性天然物質を探す
  • 2 ワラビ発がん物質の探索-プタキロシドの単離
  • 3 タンニン
  • 4 海洋資源からのプロスタノイドを探す
  • 5 ハチ毒マストパランの白血球遊走ペプチド
  • 6 レウチンの単離と有用性
  • 7 タンパク質生合成素因
  • 8 免疫賦活物質
  • 9 ポリオ生ワクチン
  • 10 三種混合ワクチン

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生物活性物質の単離
著作者等 ファルマシアレビュー編集委員会
書名ヨミ セイブツカツセイブツシツノタンリ
シリーズ名 ファルマシアレビュー NO.21
出版元 日本薬学会
刊行年月 1986.12.10
ページ数 159p
大きさ 26cm(B5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想