ほどほどの原理 : 仕事を生かし、自己を育てる発想

本明 寛【著】〔モトアキ ヒロシ〕

21世紀を目前にして、「働く哲学」、「生きる哲学」の発想転換が迫られている。本書は、従来の「生産第一主義」から、もっと幅広い「人間性主体」の、「働く哲学」を提唱する最初の本。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 自分を育てるほどほどの原理
  • 第1章 自己点検-魅力をもつために
  • 第2章 適時をつかみ好期をのがすな-成功のために
  • 第3章 ほどほどを司る自我構造-人の心を分析する
  • 第4章 仕事に徹し、自己を生かす-ほどほど原理の発想

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ほどほどの原理 : 仕事を生かし、自己を育てる発想
著作者等 本明 寛
書名ヨミ ホドホドノゲンリ : シゴトオイカシジコオソダテルハツソウ
シリーズ名 人間開発シリーズ
出版元 マネジメント社
刊行年月 1987.4.20
版表示 新装改版
ページ数 209p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4837802001
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想