教養 教育学

四方 一〓〔ヨモ カズミ〕;川本 亨二〔カワモト コウジ〕;磯辺 武雄【著】

本書は教育を素朴で日常的な問いかけのなかでとらえ、考えようとした。教育が今日、日常的国民的な関心事となりつつあるとき、教育学を一部教員志望者のための基礎的教養科目としてではなく、社会の一員として教育を考え、やがてなるひとりの親として教育のあり方を考え、また自分自身が自分の人生を生涯にわたって生きていくための自己教育のあり方を考えていくための手助けとなることをのぞむものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 何のために教育はあるのか
  • 第2章 「学習」を保障することの意味
  • 第3章 教育はどのように行われてきたのか-教育は誰のためのものか
  • 第4章 いつ、どこで、何を学ぶのか
  • 第5章 教育を行うために、どのようなしくみが必要か
  • 第6章 今後の教育の展望と課題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 教養 教育学
著作者等 川本 亨二
磯辺 武雄
四方 一〓
書名ヨミ キヨウヨウキヨウイクガク
出版元 北樹出版
学文社
刊行年月 1987.4.15
版表示 改訂版
ページ数 193p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想