長編叙事詩 白頭山

趙 基天【著】《チョ ギチョン》;許 南麒【訳】《フォ ナムギ》

「白頭山」は、金日成主席の抗日革命闘争における不滅の業績と、天才的な戦略戦術、高邁な徳性を格調高くうたいあげたわが国最初の叙事詩作品として、詩文学発展に大きな意義を持つものとして高く評価されている。また、現代朝鮮文学に叙事詩をもたらした意味でもエポック・メーキングたりうる作品といえる。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 長編叙事詩 白頭山
著作者等 許 南麒
趙 基天
書名ヨミ チヨウヘンジヨジシハクトウサン
出版元 れんが書房新社
刊行年月 1987.4.15
ページ数 186p
大きさ 21cm(A5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想