奔流の巻 3 : さらば星座  第3部

黒岩 重吾【著】

悦子は、戦死したと思っていた伯父が、日本に帰ってきたので、東京に行かねばならないと、正明に話した。その夜、ふたりは旅館で初めて結ばれた。ところが翌朝、不審がった旅館の通報によって正明は警察に拘禁されてしまう。高松の尽力で釈放されたものの、東京に行かねばならないという悦子との別離を、涙して覚悟する。「高校を出たら一緒になるわ」という悦子の言葉を信じて…。正明に大人の人生の風が吹きはじめようとしていた。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 奔流の巻 3 : さらば星座
著作者等 黒岩 重吾
書名ヨミ ホンリユウノマキ3 : サラバセイザ : 3
シリーズ名 集英社文庫
巻冊次 第3部
出版元 集英社
刊行年月 1987.4.25
ページ数 441p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4087492087
NCID BA46324627
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想