高野切第三種(こうやぎれだいさんしゅ)

植村 和堂【編】〔ウエムラ ワドウ〕

高野切は現在する古今集の古写本のなかで最も古く最もすぐれた筆跡といわれる。本書では、基礎的な単体、2字連綿、3字連綿の技法を重点に構成した。高野切第三種に多年研鑚をきわめた編者の、具体的かつ懇切な実技指導は、この名筆のもつ魅力の秘密を解き明かしてあますところがない。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 高野切第三種(こうやぎれだいさんしゅ)
著作者等 植村 和堂
書名ヨミ コウヤギレダイサンシユ
シリーズ名 書道技法講座 10
出版元 二玄社
刊行年月 1987.4.20
版表示 〔新装版〕
ページ数 92p
大きさ 31×23cm
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想