ことばの前のことば

やまだ ようこ【著】

[目次]

  • 第1部 この本の立場-現実を理解するための生きた心理学を(日常生活を見すえて
  • 現場から理論へ)
  • 第2部三項関係の形成(初期の人との通じあい
  • 「人の世界」と「物の世界」のむすびつき-指さしを中心に
  • 「行く」と「来る」のむすびつき-やりとりゲームを中心に
  • 三つの項のむすびつき-「泣き」を中心に)
  • 第3部 静観的認識のはじまり(外の世界へ取りに行くこと
  • 行かないで〔ここ〕にとどまって見ること-静観的認識
  • 「はなれる」ということ-発達における離脱化と距離化の概念)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ことばの前のことば
著作者等 やまだ ようこ
書名ヨミ コトバノマエノコトバ
シリーズ名 ことばが生まれるすじみち 1
出版元 新曜社
刊行年月 1987.4.15
ページ数 344p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想