新 適性・適職自己発見テスト  63年度版

小林 正彦【著】

自分を客観的に知る一つの手段として適性検査があります。近年、就職活動の前段階として、適性検査を実施している大学・短大・専門学校も多くなっています。それだけ学校の就職部が、受験生の職業の選択にあたって適性検査の重要性を評価しているからでしょう。本書では、適性検査と就職試験の関わりをはじめ、適性検査の種類とその概要について学びます。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新 適性・適職自己発見テスト
著作者等 小林 正彦
書名ヨミ シンテキセイテキシヨクジコハツケンテスト : 63
シリーズ名 就職試験必勝法シリーズ
巻冊次 63年度版
出版元 早稲田教育出版
刊行年月 1987.4.15
ページ数 110p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4898263186
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想