続・重税で栄えた国はない : 中曽根税制改革を撃つ

売上税、マル優廃止に徹底反論する!減税・公共事業で積極経済に転換のとき、財源は大法人課税と建設国債で。売上税は解散・総選挙で決めるのが筋道。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 売上税導入に絶対反対する-今こそ積極経済への転換を(上田卓三)
  • 売上税は重税国家への道-"税制改革"の欠陥・落とし穴(名東孝二)
  • 中曽根税制改革の論理と傾向(夏木幸作)
  • 税制改革の全体像を考える-抜本的改革の基本的な特徴は、どこにあるのか(熊沢通夫)
  • 中曽根税制改革を総点検する-日米税制改革を比較する(石村耕治)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 続・重税で栄えた国はない : 中曽根税制改革を撃つ
書名ヨミ ゾクジユウゼイデサカエタクニハナイ : ナカソネゼイセイカイカクオウツ
出版元 にんげん社
刊行年月 1987.3.30
ページ数 186p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想