ここ過ぎて : 白秋と三人の妻  下

瀬戸内 晴美【著】

ようやく生活が安定するかに見えた矢先、章子が若い記者とともに姿を消すという悪夢のような事件がおこり、二人の仲は断たれる。白秋は間もなく三番目の妻菊子と結婚し幸福な家庭を築くが、離別した章子は落ちつく家もなく各地を転々としたあげく、生家にもどって狂死する…。烈しく燃えた女流詩人章子の生涯を中心に、白秋と3人の女たちの波瀾に満ちた愛の軌跡をたどる。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ここ過ぎて : 白秋と三人の妻
著作者等 瀬戸内 晴美
書名ヨミ ココスギテ : ハクシユウトサンニンノツマ : ゲ
シリーズ名 新潮文庫
巻冊次
出版元 新潮社
刊行年月 1987.3.25
ページ数 318p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4101144222
NCID BN06110776
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想