肝細胞癌 治療法の進歩

亀田 治男【編】

[目次]

  • 肝予備能と治療法の選択
  • 肝切除術と術後経過
  • 肝動脈塞栓療法の進歩
  • Interventional angiographyによる肝細胞癌門脈腫瘍栓の治療
  • 抗癌剤療法と治療効果
  • 油溶性抗癌剤溶解リピオドール肝動注法およびTAE併用
  • 腫瘍内エタノール注入療法
  • 放射線療法と効果
  • 温熱療法の基礎と臨床
  • 免疫療法と評価
  • 食道静脈瘤合併例の対策
  • 治療法の選択と集学的治療

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 肝細胞癌 治療法の進歩
著作者等 亀田 治男
書名ヨミ カンサイボウガンチリヨウホウノシンポ
シリーズ名 消化器病セミナー 26
出版元 へるす出版
刊行年月 1987.3.20
ページ数 200p
大きさ 26cm(B5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想