ゴロヴリョフ家の人びと

シチェドリン サルトゥイコフ【著】<СалтыковЩедрня М.Е.>;西本 昭治【訳】

俗悪・腐敗を笑殺する民衆の武器としての諷刺。道徳的に退廃し知的関心を失い、破廉恥な偽善を身につけ、怠惰・無能・飲酒癖と三拍子そろった腐敗しきった地主一家が崩壊していく過程を社会的関連と時代の流れの中に描く。この作品中の嫌悪すべき裏切者イウードゥジカはモラルを失った19C後半のロシアの偽善者の典型。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ゴロヴリョフ家の人びと
著作者等 Saltykov, Mikhail Evgrafovich
西本 昭治
シチェドリン サルトゥイコフ
書名ヨミ ゴロヴリヨフケノヒトビト
シリーズ名 シチェドリン選集 第7巻
出版元 未来社
刊行年月 1987.3.15
ページ数 457p
大きさ 19cm(B6)
NCID BN01178841
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
原文言語 ロシア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想