党派闘争論

鬼塚 龍三【編著】

ハンガリー革命30周年記念。日本革命的共産主義運動の発展。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 党派闘争論(鬼塚龍三)
  • わが党派闘争の勝利的推進(尾形竜二)
  • <謀略粉砕・足狗一掃の闘い>の諸教訓(大野道夫)
  • <四位一体>的攻撃をうちくだく闘い(平野良彦)
  • <現代の謀略>の諸形態とその追認の構造(熊田明和
  • 鬼塚龍三)
  • ブクロ派解体闘争の勝利(大岡圭三郎)
  • 青解派解体闘争の勝利(須賀井晴男)
  • 本多延嘉・その虚像と実像-ブクロ=中核派の転落と変質の13年(初音幸彦)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 党派闘争論
著作者等 鬼塚 龍三
書名ヨミ トウハトウソウロン
シリーズ名 スターリン主義の超克 第4巻
出版元 こぶし書房
刊行年月 1987.3.31
ページ数 290p
大きさ 19cm(B6)
NCID BN02591810
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想