半導体電力変換回路

電気学会半導体電力変換方式調査専門委員会【編】

昭和58年4月、電気学会に半導体電力変換方式調査専門委員会が設けられ、年10回程度に委員会を開催しながら調査を行い、昭和61年3月に調査を終了した。本書は、この委員会の3年間にわたる調査結果をまとめた報告書であるが、調査結果をいたずらに羅列することなく、新しい視点で基本的な回路方式、制御方式を系統だてて分類、整理しており、研究者および技術者が長期にわたって活用できるものとなっている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1編 電力変換回路・制御方式の基礎(緒論-半導体電力変換回路とその背景
  • 電力変換回路の基本構成
  • 電力変換器の転流方式
  • 電力変換器の入出力波形と変換方式)
  • 第2編 直流電源による変換回路(直流チョッパ
  • 自励式インバータ
  • 負荷転流形インバータ)
  • 第3編 交流電源による変換回路(整流回路および他励式インバータ
  • 自励式変換回路
  • サイクロコンバータ
  • 交流電力調整回路)
  • 第4編 組み合わせ変換回路(交流間接変換回路
  • 直流間接変換回路)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 半導体電力変換回路
著作者等 電気学会半導体電力変換方式調査専門委員会
書名ヨミ ハンドウタイデンリヨクヘンカンカイロ
出版元 オーム社
電気学会
刊行年月 1987.3.31
ページ数 319p
大きさ 21cm(A5)
NCID BN0086472X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想