幼児 この愛(いと)しきもの : 子どもの成長をどう支えるか

伊藤 友宣【著】〔イトウ トモノリ〕

自分でしっかりやっていく強い人間に育ってほしい、と親は思う。体が強くなければならないのはもちろんだが、精神が安定して強くなければ、人間的な本当の強さにはならない。精神構造は、大きく分けると、「頭」の部分と「心」の部分に分かれる。頭をほんとうに良くするためには、まず心である。幼児の間は、特に心である。頭ではない。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 発達ということ
  • 第2章 しつける・身につく
  • 第3章 ほめる・叱る・認める
  • 第4章 幼稚園と保育園
  • 第5章 愛情が芽生える時

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 幼児 この愛(いと)しきもの : 子どもの成長をどう支えるか
著作者等 伊藤 友宣
書名ヨミ ヨウジコノイトシキモノ : コドモノセイチヨウオドウササエルカ
出版元 朱鷺書房
刊行年月 1987.3.25
ページ数 219p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想