顔のない神々  下

山田 正紀【著】

日本はこの世の終末を迎えようとしていた。1973年の石油ショック後、日本経済は破綻をきたし、厳しい統制経済下で国民生活は極限まで圧迫された。全体主義が進行し国土は公害に覆いつくされていった。"ひかりのみち教団"が潰滅状態に陥った頃、たれ流された汚水や廃棄物を集め処理再生する異様な風体の集団"やみのみち教団"が登場してきた。彼らの勢力は増大し、天下を牛耳る海藤に立ち向かっていく。そして遂に悪意の化身海藤と、凄じい破壊の権化・淳一との凄絶な死闘が始まる…。迫真のSF幻代史。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 顔のない神々
著作者等 山田 正紀
書名ヨミ カオノナイカミガミ : ゲ
シリーズ名 角川文庫
巻冊次
出版元 角川書店
刊行年月 1987.3.10
ページ数 383p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4041446120
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想