銀行謀議  下

広瀬 仁紀【著】

自分の片腕として絶大の信頼を寄せていた男を、その上司がなぜ殺す必要があるのか?森脇専務を追及する伊丹部長刑事は、依然、その動機が解明できずにいた。折しも、柴山の書斎から、自殺を裏づけるかのような暗号文が発見され、捜査は再び紛糾した。一方、次期頭取の座を森脇と競う榊原専務は、大物総会屋を使って自派の勢力拡大を図るが…。大銀行にうごめく飽くなき野望を活写した著者独壇の巨篇完結!

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 銀行謀議
著作者等 広瀬 仁紀
書名ヨミ ギンコウボウギ : ゲ
シリーズ名 徳間文庫
巻冊次
出版元 徳間書店
刊行年月 1987.3.15
ページ数 382p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4195982456
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想