日本語入力フロントプロセッサ 活用VJE‐β

田中 亘【著】

日本語入力フロントプロセッサは,かな漢字混じりの文章を作成するという目的のために開発されたソフトである。最近パーソナルコンピュータの利用者はフロントプロセッサの利用者はフロントプロセッサの利用者となりつつある。日々使用するシステムやソフトウェアにとって、最も重要なことが日本語の入力にあるからだ。そこで、本書では自動変換機能を搭載した〔VJE‐β〕に焦点をあてて、その活用方法の解説と提案を行っていきたい。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 VJEの世界
  • 第2章 VJE‐βの操作
  • 第3章 VJE‐βとアプリケーション
  • 第4章 VJE‐βの漢字変換
  • 第5章 VJE‐βの応用機能

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本語入力フロントプロセッサ 活用VJE‐β
著作者等 田中 亘
書名ヨミ ニホンゴニユウリヨクフロントプロセツサカツヨウVJE-
シリーズ名 マイクロブックス
出版元 学習研究社
刊行年月 1987.3.10
ページ数 160p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4051024652
NCID BN03023573
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想