太平洋戦争 暗号作戦 : アメリカ太平洋艦隊情報参謀の証言  下

レートン エドウィン・トーマス<Layton Edwin T.>;ピノー ロジャー<Pineau Roger>;コステロ ジョン【著】<Costello John>;毎日新聞外信グループ【訳】

アメリカは30万通に及ぶ日本の軍事・外交電報を解読していた。一方、日本は敵の暗号を破ることができず、通信保全における欠陥を是正できなかった。開戦後一年で、情報戦の勝敗は決していた。真珠湾、ミッドウェーの真相に迫る最後の証言。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 開戦まで48時間
  • 屈辱の日
  • 「がまんならぬもの」
  • 「裏切り」
  • 「頂門の一針」
  • どこで、いつ?
  • 「攻撃は最大の防御なり」
  • 戦雲
  • 科学と熟練
  • 「ここでは仕事に熱くなりすぎるな」
  • 「われわれの歴史の輝かしい1ページ」
  • ガダルカナル
  • 「私は戻らないだろう」
  • エピローグ 東京湾へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 太平洋戦争 暗号作戦 : アメリカ太平洋艦隊情報参謀の証言
著作者等 Layton, Edwin T.
毎日新聞社外信グループ
コステロ ジョン
ピノー ロジャー
毎日新聞外信グループ
レートン エドウィン・トーマス
書名ヨミ タイヘイヨウセンソウアンゴウサクセン : アメリカタイヘイヨウカンタイジヨウホウサンボウノシヨウゲン : ゲ
巻冊次
出版元 ティビーエス・ブリタニカ
刊行年月 1987.3.5
ページ数 357p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 448487122X
NCID BN00915875
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想