十五代将軍 : 沖田総司外伝  下

南条 範夫【著】

慶応2年、わずか29歳で十五代将軍となった徳川慶喜は、圧倒的武力をもって開国を迫る西欧列強による外圧や、富強化した西南雄藩の倒幕気運に抗して、徳川300年の歴史を一身に背負い幕威の回復に努めた。しかし、歴史の流れを止めることは不可能だった。-徳川家最後の将軍慶喜の苦悩と怒りを、風雲急を告げる幕末の京洛絵図と絡めて描いた傑作時代長編。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 十五代将軍 : 沖田総司外伝
著作者等 南条 範夫
書名ヨミ ジユウゴダイシヨウグン : オキタソウジゲデン : ゲ
シリーズ名 旺文社文庫
巻冊次
出版元 旺文社
刊行年月 1987.2.25
ページ数 397p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4010616555
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想