日々に読書あり

佐高 信【著】

過激さとやさしさの中で!佐高流の読書批評、ここに真骨頂。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 好人好書(「報復の論理」と魯迅
  • 松下竜一の涙と怒り
  • 忘れられぬ花・水戸光子
  • 佐木隆三の人生漂白
  • 三つの横井英樹像
  • 蔦監督の野球と酒
  • 西本幸雄のゲンコツ)
  • 第2部 斬人斬書(開高健、道子の"親子丼"
  • 救いなき紙魚、百目鬼恭三郎
  • メッセンジャーボーイ・江藤淳
  • 金魚代議士・河野洋平
  • 吉永小百合はヤドカリなり
  • 無責任経営者、日向方斎
  • 電通タブーに挑んだ大下英治
  • 日産の白アリ、塩路一郎
  • 田中伸尚のドキュメント『昭和天皇』
  • ボウフラ人間・糸井重里
  • 「知識芸者」の谷沢永一と渡部昇一)
  • 第3部 折り折りの書(昭和史のプランナーを知る本
  • 新刊・人と本
  • サラリーマンの世界を描いた本)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日々に読書あり
著作者等 佐高 信
書名ヨミ ヒニドクシヨアリ
シリーズ名 佐高信の斬人斬書 下
出版元 島津書房
刊行年月 1987.2.1
ページ数 255p
大きさ 19cm(B6)
NCID BN07578638
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想