白色山塊  下

戸川 幸夫【著】

我が子を奪われた怨みから人間4人を殺し人食い虎に変貌した王大虎を追って、満洲国参事官・田中吾一と中国人老猟師・于竜飛は、道なき深山へと分け入った。"心の眼で見、心の耳で聞く"竜飛の動物的勘に導かれながらの追跡行だったが、危険は虎ばかりではない。そこ白色山塊は匪賊たちが跋扈する魔の山でもあった。日中戦争の蔭に、国境と人種を超えて生れた人間の信頼と愛を描く感動のドキュメント小説。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 白色山塊
著作者等 戸川 幸夫
書名ヨミ ハクシヨクサンカイ : ゲ
シリーズ名 徳間文庫
巻冊次
出版元 徳間書店
刊行年月 1987.2.15
ページ数 348p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4195982324
NCID BN03548180
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想