子どもの着想を生かす社会科授業

羽豆 成二【編】

[目次]

  • 1 子どもの着想を生かす社会科授業を求めて(子どもの着想を生かす授業が求められる背景
  • 子どもの着想を生かすことの意味
  • 低学年社会科の改造と子どもの着想)
  • 2 子どもの着想を生かす社会科の教材開発(子どもの着想を生かす教材開発の基盤
  • 子どもの着想を生かす教材の提示)
  • 3 子どもの着想を生かす社会科の指導法
  • 4 子どもの着想を生かす社会科授業の実際

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 子どもの着想を生かす社会科授業
著作者等 羽豆 成二
書名ヨミ コドモノチヤクソウオイカスシヤカイカジユギヨウ
シリーズ名 個を生かす授業 2
出版元 明治図書出版
刊行年月 1987.2
ページ数 182p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4184325068
NCID BN03451249
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想