子どもの着想を生かす算数科授業

上原 哲男【編】

[目次]

  • 1 子どもの着想を生かす授業のあり方(何故、着想を生かす必要があるのか
  • 着想を生かすために教師は何をなすべきか)
  • 2 子どもの着想を生かす教材研究(指導のねらいは何か
  • 学習課題を成立させる要素は何か)
  • 3 子どもの着想を生かす指導法(子どもの考え方をどのように引き出し、とらえるか
  • 指導の過程で工夫することは何か
  • 子どもの変容はどのようにしてとらえるか)
  • 4 子どもの着想を生かす算数授業の実際

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 子どもの着想を生かす算数科授業
著作者等 上原 哲男
書名ヨミ コドモノチヤクソウオイカスサンスウカジユギヨウ
シリーズ名 個を生かす授業 3
出版元 明治図書出版
刊行年月 1987.2
ページ数 159p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4185419023
NCID BN01857708
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想