新版 二・二六の礎 安藤輝三

奥田 鉱一郎【著】

昭和維新警鐘の先覚者、安藤輝三-二・二六遂に決起、日本の将来を案じ決起に最後まで反対したが、決起後は不動の信念に燃え徹底抗戦、日本発展の礎と散る。将校と兵の見事な団結、安藤と秩父宮、鈴木侍従長等との数奇な運命を認に秘める事件内容の秘録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章(雪降らば降れ)
  • 静の章(秩父の峰風
  • もののふの心
  • 昭和維新への脈動
  • 果てしなき夢とロマン
  • 男たちの絆
  • この中隊長のためなら)
  • 動の章(深夜の出動命令
  • 南無…鈴木侍従長閣下
  • 三宅坂の夜は更けて
  • 風雲、赤坂城
  • 誇りは高し、鉄血安藤中隊)
  • 終章(永劫への旅立ち)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新版 二・二六の礎 安藤輝三
著作者等 奥田 鉱一郎
書名ヨミ シンパンニニロクノイシズエアンドウキサン
出版元 芙蓉書房
刊行年月 1987.2.1
ページ数 291p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想