MS‐DOSユーティリティを作る : DOS‐BASICとMASMの活用ノウハウ集

藤田 英時【著】〔フジタ エイジ〕

[目次]

  • 第1編 ユーティリティ開発のノウハウ
  • 第2編 ユーティリティ開発の実例
  • (テキスト画面コピー
  • グラフィック画面の縮小コピー
  • テキスト・ファイルの縮小印刷
  • プリンタ・コントロール
  • キークリック音を出す
  • パスワードの必要なシステム
  • ファンクションキーをいくつも登録
  • BASICでのコマンド自動実行とバッチコマンド
  • キー操作で時間表示
  • BASICでの縦ファイル表示・選択
  • 通信プログラムのためにINKEY$でカーソルを表示
  • MS‐DOSのコマンドラインのエディット
  • BASIC上で独自のコマンド作成
  • 解析のためのアドレス・サーチ
  • COPYキー、STOPキーをキャンセル
  • BASICの変数にマシン語を格納
  • COMファイルをDATA文に
  • ディスクBIOS利用法)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 MS‐DOSユーティリティを作る : DOS‐BASICとMASMの活用ノウハウ集
著作者等 藤田 英時
書名ヨミ MS-DOSユ-テイリテイオツクル : DOS-BASICトMASMノカツヨウノウハウシユウ
出版元 ラジオ技術社
刊行年月 1987.1.20
ページ数 182p
大きさ 22×19cm
ISBN 4844301772
NCID BN00848428
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想